カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信04 キリングフィールドへの道その3
カンボジア通信 2006年2月19日
04 キリングフィールドへの道その3

▲トロペアンターソーの埋葬穴へ案内する地元の男性
【名称】トロペアンターソー
【所在地】シェムリアプ州プオク郡

「あっちにもうひとつある」
プレイターアエクのキリングフィールドを見終わったあと、案内してくれた男性が言う。そこはトロペアンターソーという場所にあるとのことで、DC-CAMの資料にはその地名は掲載されていない。男性が案内してくれるというのであとについて行く。道はなく田のなかを突き進んで行くためモトでは行けない。案内の男性はモトドップに
「あっちから回っていきなさい」
と告げる。僕は2人の男性の後を追うように乾ききった田のなかを歩いて行った。
プレイターアエクから歩くこと数分、低木の生い茂る場所に出た。2人の男性はそれをかき分けながら奥へ入って行く。彼らの背後には「獣道」のように細い道ができ、そこをたどるように進む。低木には鋭い棘が生えていて、それが体のあちこちに刺さる。それに怯んで立ち止まると、今度は体のあちこちにちくちくとした痛みが走る。
「アリだよ」
男性が言う。痛む部分を見ると、橙色をしたやや大型のアリが鋭い牙を立てて噛み付いていた。アリの牙、低木の棘と戦いながら歩み続けると左手にくぼみが見えた。犠牲者が埋められた穴だ。男性によると20人くらいの人が棒で殴られ、ここで命を落とした。遺骨は見えないがまだ何体分か残っている。
「骨を掘り出して供養をしよう」
案内の男性が言った。
三人で穴を見つめていたところ、反対側から回ってきたモトドップが近所の人と一緒にやって来た。

井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信04 キリングフィールドへの道その3
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.