カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信ドーナツとワッフル
カンボジア通信 2005年11月28日
26 ドーナツとワッフル


その日に食べたおやつを写真つきで紹介する「今日のおやつ」というカテゴリをはじめることにした。

今日はトゥオルトンプーン市場のなかで買ったワッフル(1個500リエル)、トゥオルトンプーン高校の前の屋台で買ったドーナツと揚げパン(1個200リエル)を食べた。ドーナツの表面には白ごまがまぶされていて具はなし。(おそらく)膨張剤を使っていないため、食感はぎっしり粉が詰まっているという感じだ。
もうひとつ、長方形の春巻きのような形をした揚げものは、中に味付けされた野菜がつめられている。表面はさくさくとしていて具はコショウがぴりっと効いている。酒のつまみに合いそうだ。
カンボジアで食べられる長方形のワッフルは生地が米粉で作られているため(円盤形のワッフルは原材料が若干異なる)、もっちりとしている。ココナツの風味が南国の情緒を誘う。焼きたてを買えば、表面のカリカリ感と中のもっちり感の両方を楽しめる。首都プノムペンの場合、ワッフルは1個200リエルくらいなのだが、トゥオルトンプーン市場のワッフル売りではいつもより1個あたり300リエルも高い額を要求してきた。カンボジアで売られている商品のほとんどは「定価」がないのだからしかたがない。500リエルで納得したら買う、できなければ買わなければいいだけの話だ。
今回は新しい味を開拓するため、ワッフルにチョコレートシロップやハチミツをかけて味わった。長方形型のワッフルの場合、チョコレートシロップよりハチミツのほうが合う気がしたが、いつもどおり何もつけないで素材本来の味を楽しむのが一番おいしい食べ方かもしれないと思った。
井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信26 ドーナツとワッフル
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.