カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信茹でトウモロコシとハンモックの午後
カンボジア通信 2004年8月28日
24 茹でトウモロコシとハンモックの午後
[写真1]茹でトウモロコシとココナツジュース。食べかけでスンマセン……。


スラー=ソーを無事購入し、これでコー=ダイでの目的はすべて果たしたことになる。さて、どうするかと考えていたところ、何かを栽培している畑が視界に入った。すべて刈り取りが終わっているので、遠くから見ただけでは何が栽培されていたのかちょっとわからない。サトウキビのようにも見えるし、トウモロコシのようでもある。両者は全然似ていないけれど……。

「あれはトウモロコシ畑だ。このあたりではポッスガオ(茹でトウモロコシ)を出す休憩所がいくつかあるんだよ」

モトドップの兄ちゃんが言う。彼によると、茹でたトウモロコシをがぶりとやりながらハンモックに揺られることができるらしい。カンボジアのトウモロコシとハンモック、この組み合わせを拒否できるはずがない。さっそく案内してもらうことにする。

連れて行ってもらった休憩所はメコン川沿いにあった。周辺にはいくつか似たような店やカラオケ小屋が連なっている。オープンエアの店内に入ると、各スペースごとにハンモックがいくつか吊るされており、お客さんはそれらを自由に使うことができる。

[写真2]店内に吊るされたハンモック

さっそく茹でトウモロコシとココナツジュースを注文し、ハンモックに身を委ねる。モトドップの兄ちゃんはポケットからアランドロンタバコを取り出し、ハンモックの上で気持ち良さそうに一服やっている。顔を左に向けるとメコンの蕩々たる流れがあり、それと同じゆったりとした速度で時間が流れる。隣のスペースでは制服に身を包んだ警官がプロの女をはべらせ、よろしくやっている。うーん、いろいろな意味でここはカンボジアだなぁ。


[写真3]一服中の兄ちゃん

しばらくして、苞ごと茹でられたアツアツのトウモロコシが8本やってくる。皮はゆで汁を含んでいるのでなかなか手に持つことができない。「あちあち」言いながらそれをめくり、「裸」にしてからがぶりと食いつくと、口の中にジュっとトウモロコシ汁が行き渡る。日本のトウモロコシと違い、少しもちもちしていている。初めての食感だ。これはうまい! と書きたいところだが、じつはあまりうまくない。茹で過ぎで味が抜けているのか、種が充分に生育していなかったのか、理由は不明だが味が薄いのだ。うーん、残念。まあ、ハンモックで寝ているだけで十分幸せなので文句はいわないよ。

茹でトウモロコシとハンモックがセットになったゆるやかな午後だった。

井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信24茹でトウモロコシとハンモックの午後
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.