カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信カンボジア人のお仕事見学記(3)
カンボジア通信 2004年8月27日
22 カンボジア人のお仕事見学記(3)
織物の村に着いた。未舗装の細い道沿いに高床式の家が建ち並び、それぞれの家の床下では織り機が「シュー、バッタン、シュー、バッタン」と音を立てている。これはすごいぞ、本当に織物の村だ。見事というほかない。じっくり見学させてもらいたくなったので、バイクを降りてある家にお邪魔した。そのお宅では、高校生くらいの2人の女の子が「シュー、バッタン、シュー、バッタン」とやっている。合掌をして挨拶し、訪問目的を告げる。

「すいません、日本人がクメール語の勉強をするためのビデオを作っているんですが、撮影してもいいですか?」

女の子は無表情のまま無言でうなずく。スヴァイリエンの仕事人のときとは大きな違いだ。ま、わけのわからん外国人が突然訪ねて来たのだから無愛想なのは無理もないことだ。愛想の代わりといってはなんだが、パジャマ姿がかわいいぞ! っと、僕の嗜好なんでどうでもいい。ロリコンだと思われても困るので話を続けることにする。

カンボジアの織物が実際に織られているところをこのとき初めて見たので、大変興味深かった。以下、写真を使って機織りのようすを紹介しよう。

[写真1]杼の端から糸を引き出しながら縦糸の間を左右に「シャー」とくぐらせる

[写真2]後ろから前へ、順番に踏み木を踏んでいく

[写真3]高床式住居の「床下」が作業場になっている。このお宅では織り手は女性だった

撮影させてくれた女の子、ありがとう!

井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信22カンボジア人のお仕事見学記(3)
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.