カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信傘の下で日よけと雨宿り
カンボジア通信 2004年8月9日
14 傘の下で日よけと雨宿り
[写真1]

カンボジアでよく見かける樹木のひとつに、写真(スウ゛ァイリエン州スウ゛ァイリエンにて撮影)の「ダウム チャトラー(チャト)」がある。市街地の歩道などにも植えられているので見かけたことのある方は多いだろう。

スヴァイリエン州立学校で出会ったリティ先生にダウム チャトラーについて教わった。ダウムとはクメール語で「木」や「幹」を、チャトラー(チャト)とは傘のこと指すそうだ。つまりこの木は日本語に直訳すると「傘の木」となる。

『カンボジア語辞典』坂本恭章(大学書林)をひいてみると、ダウムは「幹、茎、〜の木」(※ほかにも多数の意味がある)、チャトラーは「雨傘、日傘、王の日よけの傘」とある。

なぜ「傘の木」なのか。リティ先生によるとカンボジア人は日差しが強いときや雨が降ったときなど、この木の元に身を寄せて日よけや雨よけとするからだという。実際に木の根もとに立ってみた。葉がやや肉厚で枝が横方向に伸びるため、確かに日よけや雨よけにはもってこいだと感じた。

名は体を表すというが、ダウム チャトラーはまさにそのとおりの木というわけだ。
井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信14傘の下で日よけと雨宿り
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.