カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信そこには確かにマンゴーの木があった
カンボジア通信 2004年8月8日
13 そこには確かにマンゴーの木があった
スウ゛ァイリエンに行ってきた。訪問の目的は前回も書いたとおり、本当に「マンゴー並木」があるのかどうか、それを自分の目で確かめるためだ。

まずは町の西にある市場(プサースウ゛ァイリエン)へ向かう。市場前の広場では地元の子どもたちが凧あげやサッカーをして遊んでいる。市場自体はさほど大きくはないが、隣接する道路上でも市が開かれ、地元の人たちでなかなか賑わっている。ただし、プノンペンのプサートメイ(セントラルマーケット)やシェムレアプのプサーチャ(オールドマーケット)で見られるような外国人観光客の姿はない。

[写真1]プサースウ゛ァイリエン(スウ゛ァイリエン市場)












[写真2]市場前の広場で凧あげを楽しむちびっこたち












[写真3]市場周辺の道では市が開かれている。売られているのはおもに生鮮食品だ。


スウ゛ァイリエンの町は小さく、20分も歩けば高床式の住居が建ち並ぶ村となる。バックパックを背負って町の中を歩いていても、外国人観光客を目当てにした客寄せの声は聞こえてこない。モトドップ(バイクタクシー)に乗るには自分から声をかける必要がある。Lonely Planetが「カンボジアの典型的な町の姿が見られる」と書いた理由のひとつはこんなところにあるような気がした。この町は首都でもなければ観光基地でもない。ありふれたカンボジアの自然な姿が見られる町なのだ。

さて、マンゴーである。僕は植物に詳しいわけではないので、マンゴーの果実がなっていれば話は別だが、そうでないとどれがマンゴーの木なのか識別することができない。そこで本当に「マンゴー並木」があるのか町の人に尋ねてまわったところ、すぐに見つかった。そこには確かに(「並木」ではないが)マンゴーの木があったのだ!

マンゴーの木はクメール語でダウム スウ゛ァイ(ダウムは「幹、茎、〜の木」の意)というらしい。ダウム スウ゛ァイという言葉を教わったので、スウ゛ァイリエンにはマンゴーの木がたくさんあるかどうか、さっそく聞いてみたところ

「そうだよ、ここはスウ゛ァイリエンだからね」

という答えが返ってきた。スウ゛ァイリエンの人にとってはごく当たり前のことなのだろう。何しろここは「マンゴー並木」の町なのだから。

[写真4]各家庭の庭にはたいていマンゴーの木(ダウム スウ゛ァイ)がある。さすがスウ゛ァイリエン!!











[写真5]町の東部を流れるワイコー川












[写真6]ワイコー川に架かる小さな鉄橋。ここを渡ると緑の美しい村になる












[写真7]橋を渡った先にある村












[写真8]プサースウ゛ァイリエンの裏手にも村があり、農民や漁民の生活が見られる


※写真の一部はビデオ映像をキャプチャーしたものなので画質が悪いですがご了承ください。
井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信13そこには確かにマンゴーの木があった
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.