カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラムカンボジア通信カンボジア人の...
カンボジア通信 2004年6月11日
08 カンボジア人の名前について考える
ふと、カンボジア人の名前について考えてみた。

初めてまともに知り合ったと言えるカンボジア人は、「笑う」という意味の「名字」(※1)を持つ人だった。「笑う」さんは確かによく笑うが、「笑う」は「名字」なのでよく笑うからそう名付けたというものでもないだろう。
まあ、日本では「笑う門には福来たる」なんていうから、いい名前として合点がいく。ちなみに「笑う」さんの下の名前はカンボジアの神様の名前をとったものなので、全体としては「笑う●●●神」といった意味の名になる。なんだかとても幸せになれそうな名前だ。

この「笑う」さんの友達に「美しい知恵」さんがいる。彼の名前の意味を考えたのは今日が初めての事だが、聡明さを感じさせるいい名前だったんだなあ。

もう一人、考えてみた。「笑う神」さんと「美しい知恵」さんの共通の友達の「どこ」さんだ。「どこ」という名は、日本人の感覚からするとどう解釈すればいいのかちょっと困る。日本語の「どこ」は別に縁起がいい言葉ではない(もちろん悪くもない)。だが、「どこ」というのは場所が不明ということなので、僕の感覚では名前として用いるとマイナスイメージがつきまとうような気がする。それを子供の名前にした「どこ」さんの親は、どういう願いを込めて「どこ」と名付けたのだろう。

日本人の友達はこの疑問に対し、
「子供のころ、あちこち歩き回ってどこへ行っちゃったのかわからなくなり、親を困らせたことが多かったんじゃないの?」
という説を提唱してくれた。でも、それって生まれてからある程度時間が経ってるってことだよな。この説が妥当だとすると、カンボジアでは日本のように「生後2週間以内に届けなくてはならない」といった決まりはないのだろうか。

自分の頭では、考えてわかるような問題ではなさそうだ。

※1:日本人の場合、家族の名字はみな同じだが、カンボジアでは親(または祖父)の名をとって子供の名の一部とするため、本質的な意味で東アジアの文化にあるような「名字」とは言えない。

[例1]父親の名をとった場合
山田太郎(父)→太郎次郎(子1)
        太郎信介(子2)
        太郎義男(子3)

[例2]祖父の名をとった場合
山田太郎(祖父)→太郎次郎(父)→太郎和徳(長男)

6/15 追記
『ベトナムの中のカンボジア民族』大橋久利、トロン・メアリー(古今書院)によると、[例1]の子1の場合は「父・太郎の子・次郎」ということを表しているそうだ。
井伊誠のブログ「カンボジア通信」はこちら>>> http://cambodia.blogtribe.org/
戻る 次へ
トップコラムカンボジア通信08カンボジア人の名前について考える.
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.