カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラム柏野葉っぱ『姫様にょっき』ドーイメイット市場
姫様にょっき  2006年04月06日
ドーイメイット市場 
姫様が朝
「一緒に市場行く?」
というので、好奇心にかられて、
「行く行く」
と言ってついて行った。姫様・姫母・私の3人。

* KH Promotion
 姫様邸(長屋の一室)から歩いていくと、途中、KH Promotionの店があった。(家の場所だいたいわかっちゃうね)
「そういえばDVD買いたいって言ってたよね。買う?」
「んー、帰りでいいよ」
「帰りは荷物いっぱいだからムリよ!」
「じゃ、帰ってから改めて来るからまあいいや」
正直なところ、「KH Promotionの店」を看板に掲げるわりにはあまり立派な構えの店ではなく、これならデパートとか市場で買ったほうがメーカーショップより品揃えいいんじゃないか、と思ったのだ。(だけどこれは日本から行ってすぐだからそういう感覚だったんで、よく考えると、プノンペン的にはなかなかの店構えだ)それにKH Promotionは業界シェアすごおく高いってわけでもないしネ。

* 巨大路上市場
 しばらく歩くと市場に着いた。というかそれは単なる、裏通りがまるごと市場と化してしまっているだけだった。しかもかなり長い。2〜300メートルあるかもしれない。ところどころ、さらに細いわき道や、面した建物にも及んでいる。
 プノンペンの郊外とか、カンボジアの田舎にはこの手の市場がけっこうあるが、プノンペンの都心部で、けっこう高い建物(3〜4階建て)にはさまれて、この手の本格的な路上市場があるなんて知らなかった。ちっぽけなのはちょこちょこあるけれど…。
 それにしても、この道路の立場はいったいどういうことになっているのだろう。普通の家もたくさん面して建っているが、これじゃ自動車はおろかバイクすら走れないだろう。というか、物と人がぎっしり道路に詰まっていて、人間も歩くのにひと苦労だ。
 こんな市場があったんかと思い、姫様に名前をきくと、ちょっと得意そうな顔で
「Phsar Doi Mech」
と答えてくれた。カナ書き不可能な発音だが、あえてあてはめるなら
- ドーイメイット
- ドーイメィッ
- ドーイメッイ(CIS山崎さんふう)
といったところ。わたり音っすね。意味はわからない。

* 地上宝石店
 食材ひととおり買ったあと、ちょっと屋根のある暗い一角へと足を踏み入れていくので、ついていくと、そこには宝石店が並んでいた。といっても宝石は陳列してない。そのうちの1軒がなじみらしく、半裸の小柄なオヤジが写真のカタログを見せてくれる。人ひとり入ったらいっぱいのスペースなので、客のわれわれは市場の通路に立ったままだ。2人の結婚指輪を近所に発注したと言っていたが、ここだったらしい。研磨機とバケツが地べたに置いてある。日本でいうなら、自転車パンク修理といったほうがしっくりくる現場だ。
 この日は、姫母の指輪研磨も依頼。さっそくオヤジは研磨機の電源コードを地べたのコンセントに接続し、機械を回してしゃがんで削りはじめた。削りながら顔を上げて姫母としゃがれ声で楽しげに会話したりしているが、見てるこちらは、よそ見してて指けずったりしないのかとハラハラ。腕は確かということなのだろう。

* 食べ歩き
 クイティオを3人で食べる。店のおばちゃんがまじまじと私を見ながら、姫様に
「この人ガイジンなのにクイティオ食べるんだね」
と言うと、姫様は
「好物なんですよお」
と答えていた。全部食べきったら、ことのほか喜んでいただけた。
 さらに、
「あの店のデザートも食べたい」
と私が言うと、姫母は
「じゃ、先に帰ってるわね」
と言って行ってしまった。私はこの機会を逃すと、次は2ヶ月後になってしまうので必死だ。ひさびさのカンボジアデザートはうまかった。

* 戸締り
 あと、日本で使うための卓上すりばちとすりこぎを雑貨屋で買った。新宿のアジアスーパーストアでは1500円だったが、ここでは3000リエル。雑貨屋には所狭しと物が並んでいるが、雑然とした感じはなく、とてもきれいに陳列されているのが印象的だった。しかし大きな市場(たとえばオルッセイ)と異なり、店にはシャッターもドアもついていない。防犯上、これらの品物は夜中大丈夫なんだろうか。
 市場を出るときに見ると、市場の出入り口には錠はおろか、ろくな扉すらついていなかった。
「これじゃ夜中、この市場の物はぬすみ放題だね」
と私が言うと、
「毎晩家に持って帰って、毎朝家から持って来るのよ。あたりまえじゃない」
と姫様が言うので、私はとても驚いた。
「なんと面倒な!じゃあ毎朝ああやってきれいに並べるわけ?」
ときいたら、
「もう、質問多いよ!」
と言われた。

* KH Promotion
 帰りがけに結局KH Promotionにも寄り、最新どころのDVDを何枚か買ってきた。まとめ買い価格1枚5ドル。ソリヤのほぼ半額。
柏野葉っぱブログはこちら>>> http://happa64.exblog.jp/
戻る 次へ
トップコラム柏野葉っぱ『姫様にょっき』ドーイメイット市場
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.