カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シエムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 コラム
 カンボジアウォッチコラム
  └本日のクメール料理
  └教えてクメール語
  └カンボジア通信
  └姫様にょっき
  └東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.











トップコラム柏野葉っぱ『姫様にょっき』映画『七人のマッハ!!!!!!』
姫様にょっき 2006年 2006年01月02日
映画『七人のマッハ!!!!!!』 
【ネタバレ注意】

カンボジア人と一緒に見てはいけない映画でした…

痛快アクション映画。
平和なタイの村にクマエクロホームが乱入して大虐殺!

…重い。重すぎるよ。

ベトナム人が全員タイ語がすごく上手で、しかも顔はどう見てもタイ人ないしクメールでした…。
ベトナム人だとはセリフでは一度も言わないけど、服装や決めセリフや人名などで、タイ人には一発でそれとわかるようになっている。赤いスカーフとか星のマークとか。

タイ人の思い描くベトナム人のステレオタイプは、絵的にはどう見てもクメールルージュにしか見えない件について。要は、さっき見た目で「クマエクロホーム」と書いたのは、映画内ではベトナム人という設定だったらしいです…。

村での平和なシーンがやけにダラダラ続くなあ…早く都会に帰って本題に入れよぉ、と思っていたら、舞台は最後まで村でした…。

みんな戦っていて、どれが「7人」なのかわかりませんでした…。

全編ひたすら火器で殺しあっていて、ちっとも肉弾アクション映画じゃありませんでした…。
核ミサイルまで出てきちゃうし。しかもあっさり発射しちゃうし(笑)。バンコクがなくなっても麻薬取引は可能なのでしょうか…。

登場人物がほぼ全員死んでしまい、こんなバッドエンドありかよ〜って感じでした…。
柏野葉っぱブログはこちら>>> http://happa64.exblog.jp/
戻る 次へ
トップコラム柏野葉っぱ『姫様にょっき』映画『七人のマッハ!!!!!!』
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.