カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 生活情報
 カンボジア概要
  基本データ
  地理・気候
  歴史
  政治
  主要政党
  国旗
  外交
  人口
  軍事
  経済財政
  国王系図
 各種申請
 通信・郵便
 住居
 教育
 困ったときの
 物価・価格
 その他
 コラム
 ・本日のクメール料理
 ・教えてクメール語
 ・カンボジア通信
 ・姫様にょっき
 ・東南アジアの人々
 特集
 ・カンボジアで会った日本人
 ・NEWオープン
 ・オススメホテルプラン
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.
トップ基本情報>カンボジア概要>歴史
歴史
カンボジアの歴史
 1-6世紀にかけてフーナン王国、6-8世紀にかけてチェンラ王国として繁栄、その後一時ジャワ王国の支配を受けたが、9世紀に主権を奪回し、以後15世紀までアンコール王朝の繁栄を極め、大帝国を築き上げた。しかしその後、次第に東南アジアの新興国ベトナムとタイ(シャム)から挟撃され、1884年にフランスがインドシナ半島を植民地化しフランスの保護国となる頃には、半ば両国の従属国となっていた。
 1941年の日本軍の仏印進駐以来、フランスの影響は後退したが、1945年8月の日本の敗戦に伴い、フランスの間接統治が再開される事によって、独立運動が激化する事になった。シアヌーク国王の主導のもと全土に広がった独立運動により、1953年11月9日「カンボジア王国」として、完全独立を達成した。その後、シアヌーク殿下の治世の下で、非同盟中立政策が推進され、平和と発展の時代が続いた。しかし、隣国ベトナムと大国アメリカの影響を受け、インドシナ戦争に巻き込まれることになる。
1970年にアメリカ支援の下、親米右派のロン・ノル国防相によるクーデターが発生、ロン・ノル政権(クメール共和国)が発足、シアヌーク殿下は北京に亡命した。シアヌーク殿下は、かつて自らが弾圧した共産主義勢力と共闘し、政権奪回を図った。 ベトナム共産党の支援を受けたインドシナ共産党を中核とする連合勢力が、1975年の4月17日にプノンペンを陥落させ、全土を掌握した。その後、インドシナ共産党の一派であったポル・ポト率いるクメールルージュが、内部抗争によって政権を掌握し(民主カンプチア国)、都市住民の農村下放や、大量虐殺が行われたことは、記憶に新しい。 その後も、ベトナム軍の進駐や、親ベトナム政府軍とクメールルージュ主体の3派連合との内戦の継続など、不幸な歴史を歩んだ。1991年には全ての当事者の間でパリ和平協定が成立し、日本でも大きく取り上げられた国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)管理のもとで、1993年に民主的な総選挙が行われた。 この結果、シアヌーク殿下(現国王)の息子ラナリットの率いるフンシンペック(独立・中立・平和・協力のカンボジアの為の民族統一戦線)と親ベトナムの旧政権を主体としたカンボジア人民党の連立政権が誕生した。 同年9月21日には立憲君主制、民主主義、自由市場経済を標榜する「カンボジア王国憲法」が制定、カンボジアに、新たな時代の幕が切って落とされた。
王国政府成立後の主な出来事
1993年 05月 パリ協定に基づき、UNTAC(国連カンボディア暫定機構)が総選挙実施。
1993年 09月 新憲法公布=「カンボディア王国」発足。シハヌーク国王即位。
         国王、ラナリット第一、フン・セン第二両首相を任命。UNTACは任務終了。
1994年 07月 クメール・ルージュ(KR)非合法化法成立。
1995年 07月 ASEANへのオブザーバー参加。
1996年 08月 ポル・ポト派の分裂(11月6日に分離派政府に統合)
1997年 03月 クメール国民党のデモへの手榴弾テロ事件発生。
1997年 07月 首都プノンペンにて武力衝突発生。
1997年 08月 国会、ウン・フォット外相を新第一首相に選出。
1998年 03月 ラナリット殿下帰国
1998年 04月 政府軍、KR拠点を制圧、その後ポル・ポト死亡。
1998年 07月 総選挙実施(26日) 1998年 9月 新国会召集(24日)
1998年 11月 ラナリット殿下は国会議長に、フン・セン氏は首相に就任。(25日) 新政府成立(30日)。
1999年 02月 カンボディア支援国(CG)東京会合開催
1999年 03月 タ・モックKR元参謀総長逮捕
1999年 03月 上院設置(25日開会式)、チア・シム人民党党長が議長に就任。
1999年 04月 ASEAN正式加盟(30日)
トップ基本情報>カンボジア概要>歴史
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.